FXとは流れに乗るもの

自信がある時にしかトレードしない

FXとはそもそもFXとは何ですか?

何度もチャートを観察することで過去に見た形になることがあり、自信を持ってエントリーします。
毎回違う形に見えるチャートですが、落ち着いてチェックすると似たような形が出ることが少なくありません。
わかりやすい形が出ると自信を持って大きく狙いに行き、動きを予測できないときはトレードを控えます。
この繰り返しをすることでプラスを増やしマイナスを減らすことに成功しました。
過去と全く同じ流れになるとは限りませんが、ある程度似たような動きになることがわかり、トレードの質も大幅にアップします。
知っている形が出ると落ち着いて対応できるので、利益確定の判断もスムースに行えました。
FX初心者のころは頻繁にトレードしていたのですが、経験を積むとエントリー回数が減り精神的にも安定していたと思います。
始めたばかりのころはすぐに利益を確定していたのですが、確定後の大きな伸びを見てポジションを持つ時間の変更を考えました。
トータルでの利益を大きくするためにポジションを確定するタイミングの改善を目指します。
トレード回数が減ると自然と利益を確定するタイミングに気をつけるようになるため、プラスを伸ばしマイナスを減らすことを目標にしました。
急激な動きに乗っかってポジションを閉じると、次の大きな流れに乗れないことがあるので、確定のタイミングも考えるようになります。

記録を残すことで正しいか見直せる自信がある時にしかトレードしないトレンドに乗ってプラスにする